最近の心象スケッチ&旅行記

20SSについての解説も想像よりかなり長くなってしまい、自分の力みようを感じているので、今日は少しライトに書いてみます。(ずっと家にいるから、濃すぎる記事は胃もたれしそうだし。みなさん無事で過ごしておりますか?)

最近はずっと家にいて、20SSの立ち上がり商品の発送準備とリメイクの一点ものなどの製作のほか、ゲームをしたり昼寝をしたりして割とゆったりと過ごしています。

お店の立ち上がりはちょうど今日あたりを予定していたのですが、商業施設の閉館で5月頭まで伸びてしまいました。。。

オーダーいただいております個人のお客様は間も無くご連絡いたしますのでもうしばらくお待ちくださいね。

★★★★★★★★★

さて、遡ること1ヶ月半、ひょんなことからおよそ1週間ほどインドネシアに行ってきました。

最初は8時間かけてジャカルタへ。空港や飛行機は厳戒体制でしたが、まだコロナウイルスもそれほど深刻化していなく快適に過ごせました。ちなみに一応ビジネストリップです。。。

ジャカルタは東南アジア有数のメガシティ。若者がめちゃめちゃ多い活気のある街でした。そして晴れるととんでもなく暑い。気温は30度ほどですが湿気がひどく、すぐに肌がベタつきます。

途中で立ち寄ったマイナーな博物館があまりに強烈すぎて。民族覚醒博物館というところです。お近くに寄られた際はぜひ。

https://en.wikipedia.org/wiki/Museum_of_National_Awakening

そしてバリへ。インドネシア人に混ざりながら空路で1時間半ほど。

着陸。晴れてて気持ちよかったです。

昔のお寺みたいなナイスなホテル。ビーチとプールがくっついていました。オーストラリア人がリゾートに訪れるそうです。一泊1万3000円ほど。

焼きそばみたいなバクミゴレンが気に入っていろんなところで食べた。食べ物は基本どれも美味しかったです。

漫画みたいなココナッツジュース。天国すぎて持って行った仕事はほとんど手がつかず。。。

その後ジャカルタに住む友人に会いに再度首都へ。先日行けなかったテキスタイルミュージアムに連れて行ってもらいました。

インドネシアの最も有名な特産品のひとつにバティックというろうけつ染めの布地があります。18世紀ごろから東南アジア諸国で作られるようになり、腰に巻いたりスカーフにしたりするそうです。昔は全て手作業で作っていたとか。

ミュージアムショップでヴィンテージのシルクのバティック、欲しかったけど18万円もして即断念。。。本当に美しかった。。。。

その後ランチへ。パダン料理がすごいからと友人のレコメンドを得てレストランへ。

フードメニューはなく、全員これが供されます。食べた分だけお会計システム。見た目で味が想像できないです。(ちなみにどれも美味しかった。)

写真撮り忘れたけど、梨みたいなシルサックという果物のジュースが美味しかったです。

みんな手で食べてたので僕もトライしました。これは友達と一緒じゃなきゃ経験できなかったと思います。

東京が寒くて帰りたくなかったけど帰国の途へ。。。

割と旅行は好きでいろいろなところへ行ってきたのですが、過ごしやすさは抜群でした。

違った慣習や街のあり方に触れて、逆説的に東京のマッドネスに再度触れた旅だったなと思います。

今はこうやって楽しく旅行できる平穏な日常が早くきて欲しいと願うばかりです。

まずは健康第一で皆様お過ごしください。